日常グルーヴ

楽しめる日常を模索するブログ

パリから来た英国風カフェ

諸行無常の閉店

買い物天国の吉祥寺には、どこのカフェでランチをとろうかというお楽しみもある。

ただ、吉祥寺は常に新陳代謝活性化せねば滅びる街なのか、店の入れ替わりがやたらと激しい。

何が原因なのか、昨年はランチでも利用していた大好きなカフェが、数店舗閉店していてとても哀しかった。

やはり家賃など採算が合わなくて撤退・・・が一番多いのだろうか。

何十年も吉祥寺で店を続けてきた個人経営のレストランも、最近はいくつか閉店しているが、多分オーナー兼シェフの高齢化で後を引継ぐ人材にも恵まれなかったせいなのではと想像している。

だが閉店する店がある一方で、やはり新しくオープンする店(跡地とか)があるもので、何?駅のそばに大人が勉強するためのカフェができる?

それは「勉強カフェ 吉祥寺スタジオ」という、なんとなくほのぼのする店名がついている。

首都圏での展開13店舗目で、大人同士が学びあう勉強コミュニティを目指すカフェらしい。ちょっとおもしろいコンセプト。勉強以外のことをしたら即刻追い出されたりして(笑)

 

 

迷ったらこのカフェへGO!

 この日は吉祥寺をあれこれ廻り、時間はすでに午後2時。昼を食べていなかったので空腹だ。

しかし外は30度以上もあって暑いし!足も痛いし!荷物は重いし!肉のさとうのメンチカツ行列は相変わらずだし!

すぐに済ませるならファストフードでいいのだが、近くにあった東急向かい側のドトールは相変わらず混んでいて行列している。

う~ん、どうしようか・・・と迷いながらノロノロ歩いて、ピコーンとひらめいた。(例の電球でしょうか)

「そうだ!あそこにいこう!あそこがあるじゃないか!」

 それはアトレ1階にある「ローズ・ベーカリー」のことだ。

 

「ローズ・ベーカリー」は英国人のローズさんと、フランス人のジャン=シャルルさんがパリに開いた英国風カフェだ。

ベーカリーとあるので一見パン屋?と思いがちだが、「ローズがベイクした」という意味の、手作りのお菓子やお惣菜(デリ)が並ぶカフェなのだ。もちろんパンも売っている。

吉祥寺アトレの他に丸の内や銀座、新宿の伊勢丹などにもある。

銀座は吉祥寺の後に開店したそうだ。吉祥寺の後に。銀座は!

でも銀座店はティールームなので吉祥寺負けた!(ハイ・ティーが関係していると思われる)

 

モーニングが安いカフェ

私はローズベーカリーというカフェの存在はそれまで全く知らなくて、三鷹に越して吉祥寺アトレに来て初めて知ったのだった。

そのうえ、通路から奥まってショーウィンドウが設置されているせいで、初めは普通のちょっとしゃれたデリカテッセンだとばかり思っていた。外から見ると植物の壁で見えなかったからテーブル席がいくつもあることも知らなかったし。

実際ここは席数が多く、土日でもけっこうな確率で入店できる貴重なカフェだ。モーニングにおいてはアトレの朝10時オープンを待たず、平日なら8時から開店してくれて、しかもワンコインメニューもある。駅ビルなので利便性は抜群だ。(私はランチよりもモーニング利用の方が多い)

 

 

ランチは2度目

 この日も土日といえども行列は無く、席は悠々確保。

一度食べてみたかったベジタブルプレートランチを注文してみる。

 

 

f:id:petitrelax:20170812124235j:plain

 ここのカフェはモーニングもランチも必ずスープが付く。

なんでもローズさんはスープが大好きで、種類もたくさん。その日に何のスープが出るかはお楽しみ。

これはキャロットジンジャーのスープだと思う。店員さん、スープの名前も言ってくれると嬉しいんだけど。小さいけど、パン・ド・カンパーニュも付いてくる。

スープはいつもながら、こっくりとしたうまみがあり美味しい。

ヒヨコ豆とレモンのスープというのも飲んでみたいが、お店の都合でいつになるのかわからない。

 

 

 

f:id:petitrelax:20170812144900j:plain

 これがローズベーカリーの有名なベジタブルプレートだ。

といってもミニベジタブルプレートの方。ミニだと1350円。

普通のベジプレートは1550円でミニよりデリも多くボリュームがある。パンが付くがスープ無し。

 

うむ、本当に野菜野菜野菜。

これらのデリは店頭でも売られている。

真ん中のディップはクリームチーズっぽい味で濃厚だが何だろう?

こういっちゃなんだが、メインの付け合せが集合した感じで、やはり私は肉も欲しい。

そういえば、前に来た時に注文した日替わりランチの肉料理は美味しかったな。豚スペアリブらしき部位のソテーで、マスタードソースとの組み合わせが絶妙。家で真似したいくらいだった。

 

 

f:id:petitrelax:20170812124234j:plain

 ランチ最後はコーヒーで締め。

いつも小さなホットウォータージャグが添えられてくるが、その心配りがニクイね。もっとも私はブラック党なので薄めず飲むので使わない。(砂糖も)

 

カフェで使用している食器は店内でも販売しているので、お家でローズベーカリーごっこができることを付け加えよう。

 

 

本音の感想

 ローズ・ベーカリーは美味しいメニューを取り揃えているのだけど、モーニング以外は値が少々お高いね。

1人ランチで1500円以上なんてめったに出せないのが本音。

スイーツも普通のお店ではお目にかかれないイギリス独自のものがあって嬉しいけど、やはりどれも金額は高目設定だ。

ローズベーカリーは1人でも入りやすくて一番利用しているカフェには違いないのだけど、もう少し値段控えめならもっと頻繁に通うカフェだったと思う。まあ吉祥寺のカフェはどこもランチの平均は1300円以上が多いけどね。